FC2ブログ


ThinkPad
60シリーズを
こよなく愛する
ブログです
メール
はこちら


Amazon

トラックポイント・キャップ・コレクション

ThinkPad バッテリー

ThinkPad最新機種


ThinkPad

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

tor,i2pを使う

tor,i2pを使う

ホスト晒したくない時に使うtorとi2pですが
設定が面倒なので入れてから放置してました。
最近FirefoxでFoxyProxyを知ってから
ちょいちょい使うようになりましたので簡単な使い方を。

以下設定
torとi2pを導入します。

torはtor browserではなく今のFirefoxで使いたいので
Vidalia Bundleを使ってみます。
公式からはリンクが無くなりましたが
アーカイブにあります。
  • Vidalia Bridge Bundle
  • Vidalia Relay Bundle
  • Vidalia Exit Bundle
とあるので好きなの入れてください。
上から入り口、中継、出口がプリセットになってますが
後から変えられます。

続いてFirefoxでの設定です。
FoxyProxyはサイトごとにプロクシを切り替えられるのでtorと非常に相性が良いです。
ここでは.onionドメイン(torでしかアクセス出来ないサイト)へ127.0.0.1:9050のプロクシを通します。

FoxyProxyの画面で「プロキシを新規作成」をクリック
全般タブの名前に「tor」と入れておきます。

「プロキシ詳細」タブで手動プロキシ設定にチェック
「ホストまたはIPアドレス」に127.0.0.1
「ポート」に9050
SOCKSプロキシと、SOCKS v5にチェック。

最後に.onionドメインのみの適応にするため「URLパターン」タブで
「パターンを新規追加」
「パターン名」はonion
「URLパターン」に*.onion/*
と入力、ホワイトリストとワイルドカードにチェックが入ってるのを確認して
OKで設定完了です。
Vidalia Bundleを起動し、.onionドメインのサイトにアクセスして表示を確認できればOK。
同じ要領でtorで見たいサイトのURLを追加すれば.onion以外のドメインでも切り替え可能です。

i2pはプロキシの新規作成からtorと同じように作り
「ポート」を4444に、
URLパターンを*.i2p/*
SOCKSプロキシと、SOCKS v5にチェックは外します。

関連記事


    このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. フリーソフト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。