ThinkPad
60シリーズを
こよなく愛する
ブログです
メール
はこちら


Amazon

トラックポイント・キャップ・コレクション

ThinkPad バッテリー

ThinkPad最新機種


ThinkPad

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

nLiteでIE8とWMP11を結合

nLiteでIE8とWMP11を結合

Windows XPのSP3インストールディスクにIE8とWMP11を結合する方法です。

nLiteはデフォルトではIE8とWMP11の結合ができないので
Add-on化することで対処します。

XPのSP3をnLiteで結合済みという条件で記事を作っています。


 Add-on化


XPの32bit用IE8WMP11をダウンロードします。
アドオン化ツール"Add-On Maker 2.1"をリンク先からダウンロード、
インストールします。

-起動画面-
nlite_ie8

①IE8の保存してあるディレクトリを選択
②チェックを外します
③ファイルを選択
④IE8の場合、コマンドの欄に
/quiet /norestart
⑤「Make File」で名前を付けて保存。


WMP11は④で
/Q:A /R:N
と入れ作成。

出来上がったcabファイルをnLiteの
「Hot Fix,アドオン,アップデートファイル」の時に追加します。
これで結合できるはず。


また、IE8更新用もAdd-on化しなければパッチを当てられないので
/quiet /norestart /nobackup
でAdd-on化しておきます。
更新プログラムはSP+メーカーで一気にダウンロードしてしまいましょう。


Net-Frameworkやその他便利なフリーソフトなんかは
海外の人がAdd-on化してくれています。
(IEとWMPは英語化してしまうので自分で作らなければならない)

参考
http://www.wincert.net/forum/topic/7696-addon-net-framework-11-20-30-35-gdrqfe-true-addons/
http://www.wincert.net/forum/topic/7697-addon-net-40-framework-true-addon/
http://add-on-maker.software.informer.com/




関連記事


    このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. フリーソフト nlite リカバリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。