ThinkPad
60シリーズを
こよなく愛する
ブログです
メール
はこちら


Amazon

トラックポイント・キャップ・コレクション

ThinkPad バッテリー

ThinkPad最新機種


ThinkPad

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

M.2のSSD

M.2のSSD

T440sなどから採用されてるM.2のSSDは少し複雑みたいですね。

続きを読む

スポンサーサイト


    このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ThinkPad T440s M.2 SSD

mSATAのSSD

mSATAのSSD

かなり良さげな感じですね。
mSATAはMini PCI Expressスロットに装着するカードです。
Mini PCIと同じ形状ですが基本的に対応してる機種しか動かない模様。

続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ThinkPad SSD mSATA E420 2ch

SSDにリカバリー領域を移植

SSDにリカバリー領域を移植


60世代でネックになってくるのがHDDのアクセス速度。
SSDのCrucial M4なんかはスペックも高く手ごろで人気があります。
最近ノートPCユーザーを中心にHDDからSSDに移行が進んでますね。

システムドライブだけならフリーソフトで簡単にクローンすることができますが
もしものときのためにHDDの中にあったDtoDリカバリー領域も
確保しておきたいという人は多いと思います。
通常のディスククローンソフトではリカバリー領域がうまくコピーできません。

Easeus Disk Copyを使えばHDDをMBR含めて丸ごとクローンでき、
通常困難なEISA構成のDtoDリカバリー領域までもコピーすることが出来ます。
(使用する前にバックアップを必ずとっておきましょう)

ダウンロードし、ディスクに焼きます。
LinuxベースのソフトなのでシャットダウンしCDから起動しましょう。
disk.jpg
サイズが
元のHDD≦新しいSSDの場合 「Disk Copy」で丸ごとクローン

元のHDD>新しいSSDの場合 「Partition Copy」で個別にクローン
大きいパーティションは後からファイルを移動させます。

その後、EaseUS Partition Managerなどでサイズを調整します。


※OSにRescue and Recoveryがインストールされてないと
ブート時にリカバリーソフトが起動しません。


Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2


Crucial Technology
売り上げランキング : 246

Amazonで詳しく見る




    このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ThinkPad SSD リカバリー フリーソフト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。